純正アルミ

BEATの純正アルミが欲しい気がする今日この頃。

と言ってもそんな無駄遣いをしているバヤイではないので、
思ってるだけなんだけどね…。

で、折角なので妄想の延長として少し生産的なことをしてみた。

久しぶりにメタセコ用公開素材のモデリング。



純正アルミは多分こんな感じ。
…いや、なんかちょっと違うか?


公開素材はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

〜注〜
記事中のスクリーンショットに写っているモデルのテクスチャと
公開素材のテクスチャは解像度が異なります。


物理のお勉強

なんか面白そうだったので、

マンガでわかる物理 力学編
マンガでわかる物理 力学編

買ってしまった。
とゆーか期間限定のポイントを消化するためなんだけどね。

通販だから当然まだ届いてないんだけど、
結構評判良い本みたいだし、新たな発見も多々あるであろうと期待。

でも最近全然HSPいじれてないなぁ…。
そんなに忙しいとは思えなんだけど、まとまった時間って意外ととれないもんだ。

街乗りモードで安全運転

キーボード入力時のアクセルとブレーキを擬似アナログに変更。
いきなりじゃなく、じわっと全開になるようにした。

トランスミッションも少し修正。
オートマは街乗りタイプとスポーツタイプを分けて、アクセル半開ボタンも設置。
街乗りタイプでアクセル半開を使えばとっても安全運転。

それとニュートラルの時にブレーキがきいてなかった不具合を修正。


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

ゴーストレーダー



ゴーストの位置がわからないのがイヤだったんでレーダーに表示する事に。

そして旋回がらみの動きをプログラムしてみた。

ちなみに全然シミュレーションではなく、それらしい動きを目指したってだけで、
ある程度リアルな数値を使っていはいるけど、カナリ簡素な計算。
旋回に関してはしばらくこの程度にしておいて、気が向いたらまた作りこもうと思う。
これで以前のように尋常でないほど良く曲がる車から卒業。

で、曲がリずらい車にしてみるとブレーキの利かなさに気づいたり、
アクセルベタ踏みしかできないから低速時のホイールスピンを回避できないのが気になりだした。

やっぱキーボード押したらいきなり100%の開度ってのはダメだな。
アクセルとブレーキのフィーリングが次の課題か。


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

コース再建



コースがローポリすぎる気がしてきたんで作り直した。

縁石と砂地があるだけで随分違った雰囲気になる。
これで結構サーキットっぽく見えるようになったかな?

そろそろコーナーリングフォースの計算をしようかと思うけど、
コースの当たり判定も気になるしなー。
現状だとコースアウトのペナルティが皆無だからゲームにならないし。
そもそもコースアウトの取扱いをどうするか決めてない。

コースアウトで、
エンジン出力カット(GT5Pタイプ)にするか?
ダメージ制(TDUタイプ)にするか?
コース外の路面摩擦力を変更するか?
タイムにペナルティを加えるか?
もしくは即終了にするか?

…。
なんかちょっと面倒な気がしてきたから、
やっぱりコーナーリングフォースから考えようか…。


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

ゴーストに挑戦!

2週目からはベストラップのゴーストが走るようにしてみた。



なんか半透明のモデルがうまく表示できなかったんで、
ワイヤーフレーム(というか細いポリゴンなんだけど)で表示。
ちょっとショボイけど、それらしい物は出来たかな?


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

タイムの測定とか、表示とか



今回はなんか色々変更&搭載。

まず、コースのサイズを縮小。
前回まではホームストレートで0-400できるサイズに設定していたんだけど、
某サーキットと同じくらいのスケールに変更。
ともなって0-400はバックストレートで測定、0-400モードは起動時に選択する仕様に。

あと、画面レイアウトを細々変更して、
トリップメーター
周回数カウント
ラップタイム
ラストラップ
ベストラップ
以上を表示するようにした。

周回数カウントはテキトーな位置にチェックポイントを置いてコース内を走っているか?を判断しているので、あんまりハデにショートカットするとカウントされない。

あ、それとブレーキライトが光るようになったな。


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

コースレイアウトと現在地



コースレイアウトと現在地を表示するようにした。

やっぱりコレがあるとレースゲームっぽく見えるな。
全然ゲームにはなってないんだけど…。

あと、移動可能範囲を制限。
このへんはどうするか、まだ決めてないけど、
とりあえず箱庭状態。


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

サーキットで広々



ドライバー視点があまりに操作しづらかったんで修正。
ついでに他の視点も微調整。
わずかな変化だけど結構良くなったんじゃないかな?と自己満足。

そして狭すぎる0-400専用コースはやめてサーキットにした。
無駄に広くてファイルサイズも一気にデカくなってるんだけど気付かなかった事にしよう。

ちなみに0-400のタイムはアクセル開けた瞬間から測定開始で、
400m先にある青いポリゴンのラインを通過したらタイムが表示される。

車重やギヤ比を変えてタイムを計ってみるとちょっと面白いかもしれない。


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!

ホイールスピン



カナリ嘘くさいけどホイールスピンを搭載。

結局どのくらい滑るのか分からなかったんでテキトーに滑らせてみた。
なので、滑り具合は全然シミュレーションしてないんだけど、
滑り出しと復帰時期は摩擦の計算でそれなりになってる…かもしれない。

スピンしてるかどうか?は、現状では効果音無いのでメーター上に文字表記。

あと今回から前後のタイヤの回転数を別に計算して、
スピンの具合が見た目でも分かるようになった。(今までは前後輪とも同じ)
前輪の回転数は車速から、後輪の回転数はエンジン回転数から計算。


プログラム本体はメインサイトのほうで→メタセコ素材!


ロリポップ!レンタルサーバー

写真素材とか販売なう!


search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM